| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

もう 7月ですね

7月になりました

無事に 先週末 旅行より帰ってきております



instagramで 常時 upしていたので 
なんか あえて ブログにするって気もダダ下がり。




今回は カメラも 超らくちんぽんな  NIKONのP300 しか 持って行かなかったし。

緑と青が死ぬほどキレイにでるカメラで大好きなんですよ。


実は 写真もまだ 確認してないような感じ

カメラもカバンのポケットに入れたまま





ぽっかり抜け殻です




楽しかったし色々トラブルもあったけど 無事に帰って参りました


気が向いたら 良い写真? があったら アップしてみますねぇ。






スポンサーサイト

| つぶやき。 | 10:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

テロ発生警戒中。

もう あと 数日で今年も終わりかとおもうと。
なんなの この12月 と。




実はですね いま 「姑」と 同居生活しております。



それも 突然  


「明日の夕方羽田に着くから 迎えに来て」


と 前日の夜8時頃に 連絡がありました。




いやいやいやいやいや。 ちょっとまてと。



あたしも夫も 一応 しがないとはいえ 社会人。 会社にお勤めなのです。

それなのに ああ それなのに   週の真ん中 木曜日の午後4時に 羽田に来てくれというのです。



「そりゃぁ ムリがあろうよ。 こっちとら、社会人だぉ」



と 夫に言うも いや ダメとは言えないから俺一人で行ってくると。




男の人って いくつになっても ママラブ なのね。





その テロリストのような 襲撃事件があってから 毎日毎日 夫と喧嘩です。


そりゃそうでしょう 急に姑といくら期間限定とはいえ 長期同居なんて
嫁の立場としては 敵が一人増えたようなものです。


一度は 8時間耐久口論をしました。 喉が切れるほど大喧嘩をして
血を吐きましたねぇ。

そのとき私は 外出先で 車の中で 4時間




その喧嘩中には 夫に「役場の前で待ってるからすぐ来い。今から離婚だ」
と まで 言う状態に。



1週間で 4キロ落ちました。 ストレスって すごいですね。




姑は まぁ 年齢も年齢なので そこそこ 気が回らないというのも あるかもしれませんが。




一番ショックだったのは あたしの大好きな マグカップや グラスを
利用しましてね。

それも とにかく 一番お気に入りだった ボダムのダブルウォールマグを勝手に使っていました。

友人たちがきて コーヒーを入れて出すのに使う物ですから 
お茶を飲んだりするのに 使われるのは 仕方ないと思ってましてね。

お食事の際に使う分には まだ、まだ 百歩譲って 梅干しが入っていても我慢しようと。




と こ ろ が !!



姑の 入れ歯入れに なってました orz




耐えられません。
夫に 断固抗議をしました。


このコップはくれてやる。 だがしかし。 だがしかしだ!


「同じ物を即刻買ってこい!」と






もう 本当に 古い家ですが 台所周りは お気に入りの カラーでそろえて 
お料理も そんなには 時間がないので 手をかけないけれども

かわいいキッチンツールをそろえたりして 頑張っていたの。


あたしの大好きな なんで ライムグリーンを 入れ歯入れにするんじゃ!
(4色色違いでそろえてある)





なもんですからね、 クリスマスに かわいい入れ歯ポットを買って差し上げたですよ。




しかし。 今朝の段階で 利用している様子はなく 相変わらず ところかまわず 
朝になると 不愉快な物が目に入る位置に置いてある。



あたしも年を取れば 入れ歯の世話になるかもしれんので
入れ歯1000%悪 とは 言わないが、 普通人目にさらす物でもないし
だから 入れ歯ポットは中が見えない仕様のが 多いはずなのだけど。




そんなこんなで いつ ギョギョ! っと 心臓が止まるようなことをされるか
不安な日々が続いております。



ちなみに 私が買ったはずの 洗濯機も占拠され
姑の 下着だの靴下だのが デフォで 入っています。


なので 空いているタイミングを見計らって 洗濯機を使わさせていただいております。


居候ちっくな 状態な 私。



毎晩毎晩 泣き通し、 恐怖漫画の様な目で出勤するのも もう 疲れました。





旅に出たい。


 
しばらく 辛い日々が続きます こんな私に 外出のチャンスを与えて下さい。
お呼び出し随時受け付け中。

| つぶやき。 | 11:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

終わっちゃった感。

今日って 5月6日なんですね。
GWだったんですよね 確か。


カレンダー通り休みだったのですが、 どこも出かけませんでした。
3日に歯医者に行っただけ。 歯医者だけ行って、ちょっと
買い物して、かえって来ました。


翌日は ラウルたちの住処をリフォーム。

いままで 3階建てにしていて、一番上に ラウルの部屋があったのですが
もう8歳、 まぁ 適度な運動でいいのだとは思いますが
たまに落っこちたり、踏み外したりするんですよ。


なので 早めの対策をということで 2階建てに変更。

麗音も 木を(今までのケージは木造) ガーリガーリ齧るので
前から家にあった巨大バリケンに変更しました

幸い我が家のワンコ様たち、 ハウスに入ることが大好きなので
ちょっと様子が変わったぐらいでは なんとも思わないようです。

放っておくと勝手にケージに入ったりしてるぐらいなのでねぇ。




さっくりリフォームのつもりが なんだかんだと 2日がかり。
昨日の夜の完成でした。 


そして今日。 のんびり眠って ブランチ食べたらもう昼間近。

近々ダダッっと 増える予定(笑) の タンブラーの収まり場所を確保




さぁ、ちょっとお出かけでもしようかな と スイッチを切り替えるタイミングに

いきなり突風&雷雨。





もう 寝ます。




明日からお仕事ですねぇ。
ことのほか忙しそうなのよ。

| つぶやき。 | 15:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

犬を飼うと言うこと  ②

病院で検査を受けた。もーちゃん。

伝染疾患もなく、 素性の判らない野良犬は 大体歯で年齢を判断する。
獣医師曰く「2歳~3歳かな。 でも 限りなく若い方寄りだとおもう」と。


さてとだ。 この ぼろ雑巾の 様な体をどうするかと。
獣医さんのほうで 皮膚疾患も見れるからと とりあえず これから
秋に向かって さむくなる時期だが、丸刈りを依頼した。


IMG_0171.jpg
保護した翌日の写真

IMGP4997.jpg
つるっと やってもらった 後の写真

そしてこれが 
1105-6.jpg
先週の写真

実は もーちゃん 今年の5月に 病院でやってもらったほどではないけど 
バリカンで丸刈りにしている。いまが 11月なので 5ヶ月強で

先週の長さぐらいまでしか伸びない。


となると 保護当時 2歳だったと仮定する。
今の毛の長さから行くと たぶん 生まれてから 1度も
手入れをしてもらったことはないのではないかと思う。

パピーは特別な毛なので 一度大人の毛に生え変わるので
1年半ぐらいは そのままにされていたんでしょう。



さて。こいつ。 たぶんミックス犬です。
獣医さんの話だと プードルの血が入っているのは間違いなく
要所要所に ストレートの毛があるので たぶんテリアも 入っていると。
意図的に交配されて 世に送り出された可能性がある。


そして 何があったかしらないが 2歳ぐらいには もう 野良犬と化していた。


我が家のほうは 夏になると キャンプ場が多く、観光地になるが
ご近所の方では 「夏休みに遊びに来て放れてしまったのでは?」と
推測されている方もおられたが。

このボサボサ具合を見ると 手入れはされてもらっていなかったと思う。





病院でトリミング、洗浄後、我が家の玄関の一部に もぢゃっとハウスを作り
1ランク 人間と近い生活スタイルをとらせる段階にランクアップさせることに。

準備完了後玄関に促す。

でも こいつ 不思議なことに 「家に上がる」という行為に
何の躊躇も示さなかった。

となると。 また ひとつの仮定として 「家の中で飼われていた」という
ことも 推測される。



そして 次の問題。

我が家の3匹の先住犬との事がある。

先住犬3頭は 血気盛んな未去勢男子達。

年齢層も 

・なにかとめんどくさいミドルエイジの 狼龍(RAWL)
・俺様一番の Younger 琉駈(REWK)
・毎日がお花畑の永遠の脳内3ヶ月 麗音(RENE)

と多種多様。

おまけに真ん中の 琉駈の性格が お恥ずかしい話だけど
かなりメンドクサイ奴である。 常に俺様一番でないと気がすまない訳で
気に入らない奴は シメる という 行為に出る可能性がある。


そいつらとの コミュニケーションが取れなく。 

且つ 

家の野郎共が もぢゃっとを受け入れなければ


もぢゃっとは
また ”0” 状態にリセットだ。

もちろん リセット といっても 愛護センターに連れ込むとか
また 放つ という 事ではなく

人との関わりを覚えて 信頼関係を作ってから 新しく幸せに生活を
できる場所を見つける ということだ。



| つぶやき。 | 09:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

犬を飼うと言うこと  ①

過去の記事を振り返ってないので 何度か同じ事を言っているかもしれない。


先週末、 我が家の永遠の居候 もぢゃっと(通称もーちゃん) を 連れて
初めて外に出た。

ここまでになるのに 本当に本当に 長い時間が掛かったから。
1年を過ぎて 振り返ってみようとおもう。




彼が永遠の居候になれたのは 本当にいくつもの偶然がある。



彼の経緯を知っている方には重複するけど振り返ってみた。


去年の夏、国道沿いをテケテケと歩いている中型犬(に見えた)を発見する。
車に乗っていたので きっと 5mぐらい後ろに飼い主が付いて歩いていたんだろう
田舎ではよくある光景。


翌々日ぐらいだろうか。
フラフラしていた その もじゃもじゃの ワンコは
私の会社帰りに寄ったスーパーマーケットの駐車場で 人の食べるものを貰っていた。 


与えていたご婦人に話を伺うと 野良犬ではないかという。
とにかく 人から逃げて回り 、腹は減っていて パンだのウインナーだのを
もらっていたが 口に咥えて逃げて回る。
どんなことがあって その状況に陥ったかは解らないが、
人間に対しての警戒心は非常に高く、 某かの虐待に近い行為も受けたのだと
察知はしていた。 それが 棄てられた? 逃げてきてしまった? 
飼われて居たときの間のことか 放浪中の 事かは 彼の言葉を理解出来ない限り
永遠の謎だろう。





一昨年ぐらいまで 犬のボランティアをやっていた。(実働部隊として)

・飼い主に凶暴で飼いきれず、放棄された犬。
・愛護センターという名の犬の放棄場所に殺処分してくださいと持ち込まれた犬。
・放浪中を保護された犬

そんな犬たちを ケアして 新しい飼い主様へ命をつなぐ というお手伝いをしていた。

全て 私が手伝っていた保護団体が無ければ 今頃彼らは ガス室であの世に送り出されていた。




なんで こんな事を振り返ったかというと。
某かの事情で人間との信頼関係を失った子を家族に迎えるということが
どれだけ大変かを思い知ったからです。



数ヶ月 預かり家庭で保護をして 

・トイレのしつけが出来ました
・コマンドを聞くようになりました
・無駄吠えを しないようになりました

こんなのは 神様のプレゼントです。本当に。

我が家は共働きなので 100%の時間を保護した犬に向けてあげることはできません。
まして 「家族」として 迎え入れていた 3頭の先住犬がいます。

その子達への愛情を 減らして 保護した犬に時間を使う。




お手伝いを離れたあとに なんて自分は傲った行為をしていたんだろうと。


そして 運命的に出逢った もぢゃもぢゃの 野良犬は
スーパーの駐車場で出逢った2日後、ご近所の方と協力して
捕獲(ほんと その表現が正しい) した。


捕獲後、もぢゃっとを見ていた人は 保健所に連れて行っちゃうの?や
ウチでは飼えないけど 殺されないで済む方法は無いかとか。


捕獲した直後のもぢゃっとは 牙をむき出しにし、 威嚇行為をずっとしていた。
8kg程の小型犬?だったけど 夫はもぢゃっとに 首輪をつけるときに 怪我をしないように
革手袋をはめて臨んだ。


30分以上かけて 首輪を付け、ケージにいれ、 車で家まで運んだ。
何の病気があるかわからない。 どんな性格かもわからない とりあえず
庭の鎖に繋ぎ、仮の家に住まわせて1週間程度外ですごさせた。

初めての夜は 一晩中絶叫して吠えていた。
人の味のするものを食べていた彼は ドッグフードを置いても食べないし
まず 人との接触を極度におそれていた。


食事を取るようになってからも 人の前では絶対に食べなくて、
部屋の中から 食事を置いてやり しばらく時間がたってから 常に
周りの様子を気にして食べることをしていた。

カーテンの隙間からそんな様子を覗いていたのを 思い出す。



1週間後 とりあえず この先のこともあるだろうし
彼の素性を知るために 病院に連れて行った。

フィラリアや放浪していたとなると 伝染病等いろんな事が考えられる。

もぢゃっとの命を拾ってしまった以上、こちらも ちゃんと
受け止めなければイケナイことが沢山あるのだ。



車に乗せ いつもの獣医さんへ向かう。 ココの獣医さんは
愛護センターから 出してきたままの糞尿まみれの臭い子でも
ドロドロの野良犬でも ちゃんと受け入れてくれる病院。

もちろん  我が家の家族ワンコもみんな お世話になっている病院だ。




フィラリア検査、血液検査、耳の中の様子。 基本的な体調。
奇跡的にオールクリアだった。


ますます この子の今までの時間はどんなものだったのか 不思議になった。











| つぶやき。 | 16:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT