| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

やっぱり 麗音さんも バニでした。

4月のはじめ。

麗音さんを わちょわちょ なでなで していたとき
左耳の後ろに 小さな 瘤を発見。


やめてくれよー とうとう きたのかよー。

バーニーズと言えば できものを見つけたら 最悪命取り。
不安が頭をよぎる。

普段は 平気だよーという 夫も すぐ 翌日に 麗音を 病院に連れて行った。

先生の触診では 「そんなに悪いものではないと思うけど 一応 組織検査しましょう」と
いうことで、針を刺して 細胞採取。

その日の夕方 電話がはいり

「麗音ちゃん 肥満性細胞腫の可能性があります。 悪性も良性もありえるから
とにかく切除してきちんと病理検査しましょう」

と話をされる。

でも 指示された手術日は 4/20 
2週間先のことだった。 

先生に 「緊急性はないの?」と きいたら それほど緊急性はないと。



手術前に転移がないかとか 麻酔の量を決めるから 16日病院に連れてきてねって。


レントゲンでは転移も見られず、 血液検査も異常なし。


ということで 20日 手術をしてもらいました。


朝、ウハウハと病院に入っていって 夕方には ウハウハと 帰ってきました。
ただ切除した部位は大きく 傷跡は15センチぐらいありました。


当日はすごくしおらしくおとなしかったのですが たぶん 24時間の絶食で
へこんでたんだと思います。

翌朝のご飯解禁から ヒャッハーモードに戻ったレインさん。


お薬の影響で すごくトイレが近いのと 腹が減るの以外は
何事もないように過ごしてました。


20日に切除した 腫瘤の 病理検査の結果が出たらしく
26日の夜に病院から電話。


「麗音ちゃんの 結果について 少しゆっくりお話をしたいので 時間がとれる日に来てください」

と 看護師さんから言われて・・・・


地獄のような2日間を過ごしました。 転移があったのかとか 悪性だったのかとか・・・・


そして 傷口もすこし 化膿してることもあり 今朝病院につれていってきました。



先生から 

「ちょっと 脅かしちゃったみたいでごめんなさい」

「レインちゃんの腫瘤はやっぱり肥満性細胞腫(グレードⅡ)だけど、今回切除した部分を全部しらべたら
浸潤もないし 転移もなくきれいに取り切れました。 再発がないように、月に一度のボディチェックで
いいでしょう」 


今後の勉強として 抗がん剤や放射線治療のことも もしかしたら 必要になったときのために
資料にまとめておいたから 読んでくださいね  と 渡されました。

おすすめとすれば マイタケエキス?を飲むと免疫力が高まっていいかも というぐらいの
アドバイスで 深刻なことにはなっていないとの話で 胸をなで下ろす。



とは いっても 「癌」の 一種。
きちんと期間と量を守って ステロイドの投薬が続きますが
上手におつきあいして 長生きバニさん目指します。

6月で9歳 もう 立派なシニアバニなんですがね・・・
超元気だっただけに ショックだったのですが 元気玉レインさんは
裏切らない結果をだしてくれるのを 信じて生活していきます。



S__6594586.jpg

ぼく元気になるよー  



っていうか 元気なんですけどね・・・・ なにも 具合の悪い感じはないだけに
ちょっと 衝撃的な1ヶ月でした。

5月1日 抜糸できるといいなぁ・・・・
スポンサーサイト

| Rane | 14:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

麗音さん 8才になる。

バーニーズという短命と言われる犬種を飼ってしまったので・・・・ 7才って わりと 
壁の年なんです。 

先代の 麓ちゃんに 至っては 4才になる前に 先急いでしまいました。


麗音さんには 麓さんの 分も 長生きしてもらわないとね と 小さい時から
言い聞かせて居たせいか? 大きな怪我も病気もせずに 成長し(但し脳みそ除く)

ドキドキの7才を元気に乗り越えました。


3ヶ月ごとに 最低限の健康診断をして(尿検査とか) 先生に採点をもらってます。

はい、麗音さん 100点 v(o゚∀゚o)v   って 言ってもらえるのがうれしくてしかたありませんね。



ということで 病院帰りに お誕生日デートをしてきました。
当日は 私が 夜ライブだったので(ごめんよ) 近場で ヒャッハーです。

DSCF0012.jpg
今年から ダム撮影にしました。 ウチの側って気づくとダム沢山あるしね。

DSCF0038.jpg
愛ちゃん号で記念撮影


DSCF0044.jpg
ダムドーン! 放水のタイミングには合わせられなかった・・・・

DSCF0185.jpg
ダムの下に行くには エレベーターでいけるんだよ。 ワンコもOK。


DSCF0143.jpg
ダムの堰堤の中の通路は 12度ぐらいしか無くて涼しいから 麗音さんも ヒャッハー走り。

DSCF0048.jpg
ダムの下の川はエメラルドブルーで綺麗。



そんな 小一時間デートのあとはお家で恒例のケーキタイム。

DSCF0208.jpg
麗音さん 8才おめでとう。 お目々がヤバいよ(w  来年も美味しく食べようね。


そして おこぼれ組。
DSCF0228.jpg
ラウルさん 御年12才 もうケーキのことはわかりきってるので はよ よこさんかい!とばかり。

DSCF0243.jpg
琉駈も もう少しで10回目のケーキだね いつも 大好きで沢山たべるんだよね。

もーちゃんにも もちろん あげましたけど 翌日トリミングだったので 毛がぼっさぼさで
見るに堪えない・・・・   なのでカットです(w


毎日元気な鳴き声とドタバタに幸せ貰ってます。 麗音さん 元気でいてくれてありがとう。
あと4年は頑張ってもらわないと 麓さんの分が残ってるからね。 重大任務だぞ!

| Rane | 10:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

麗音さん 7才になる

6月11日は 麗音さんの 7回目のお誕生日でした。

毎年毎年 同じ事だけど 同じ事が出来ることを 喜んで迎えている日です。


DSCF8564.jpg
いつも お願いしている 砂糖抜きのケーキ


DSCF8571.jpg
今年は 7本のロウソクを立てて。


IMGP7652.jpg
こんな可愛かった子が

DSCF8583.jpg
こんなに 可愛いまま大きくなりました(親ばかだよ)


麗音の為に買ったケーキなので

DSCF8597.jpg
ほれほれ 食べて良いんだよ~ って 言うんですけど。
案外イイコな麗音さんは どうしましょー って 悩むのです 可愛いことに。



んで いいんだよ いいんだよ~ って 繰り返して

DSCF8601.jpg
では ちょぴっと いただきます (ぺろん)

ガブって 行かないところが 麗音の 意外性。
この後は 切り分けて ばくっと一口で 食べちゃったけど。



そして もちろん おこぼれ組ちゃん
DSCF8641.jpg
11才のラウルは もう なにが ガラスの向こうで起きているかわかっているので
麗音のお誕生会中は びゃーびゃー うるさいのなんの(笑)


DSCF8649.jpg
琉駈にも もちろんね。  琉ちゃんも最近は スイーツ男子になって 甘い物には目がないの。



もーちゃんも 撮ったけど ブレブレで とても お見せできません。



DSCF8634.jpg
さぁ、来年もまた 美味しいケーキを食べましょうね♪





| Rane | 13:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

麗音さん 6歳になる。 それと 子猫の話。

あのねー あの あんなに あっぱらぱーで 年中お花畑の 麗音さん

昨日で 6歳に なってしまいました。  もう お願いだから 年を取らないで欲しい。

バニ飼いさんなら みんな 思うんじゃ無いかなぁ。



ということで 恒例の お誕生日会です。



DSCF2286.jpg

いつもの ケーキ屋さんで作って貰いました。 今年はイチゴ多めにお願いしました(小粒多めで)

なんとなく ゴージャスに見える感じ。



DSCF2303.jpg
調子に乗ってる麗音さんだけど 火とか 未知の生命体が近づくと おとなしくすることに決まってるそうです。
若干硬直気味(w


DSCF2321.jpg

はい。お誕生日特権 ガブリタイム なんだけどね 遠慮なさってました この方(w



週末にでも どこかデートに 連れて行く予定です。



そして 4月の末、会社の倉庫に産み落とされてた子猫たちを保護しました、。


最初は本当に 小さくて 育つのかと 不安でしたが なんとか人工哺乳と離乳食を
食べさせるのに成功し 順調に育ってくれました。


DSCF2235.jpg
最後の3ショット。

6/8に あたらしいお家に無事に婿入りした ハチくん

DSCF2249.jpg

とても かわいがってもらえそうで 良かったです。 


ウチに残った二匹は 今後うちの子として育てていくつもりです。

| Rane | 12:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

麗音さん すっきりする。

2月22日 この日はね 2008年に 麓ちゃんが お空に行った日でした。



去年の夏少し前  麗音さんの お口のなかに  ブヨブヨっとした見た目だけど
触ると硬い 出来物が見つかりました。

バーニーズ = 腫瘍 = 悪性  

っていうのが バーニーズ飼いさんだったらいつも気になっていることだと 思うんです。
でも、先生に言われたのが



「100%とは言えないけど良性病変だから大きくならないうちに取っちゃったほうが切除部位も少ないよ」



って言われたので去年の8月に先生に切除をお願いしました。

人間だったら 部分麻酔で ちょっと痛いの我慢してね!って言うぐらいの物だけど
相手は力尽くで抵抗する可能性のある麗音さん。 噛む様な事は絶対(たぶん)無いけど
サクッって 取れる物も取れないので 全身麻酔です。


病院では全身麻酔の為に 事前検査をしました。



その時に 麗音さんの 腎臓の数値に 若干の低下があるということで。
8月の手術は見送りになりました。


そして 毎月 尿検査をして 今年に入って半年経ったので 血液検査と尿検査をしたところ
8月以降 ほぼ数値に変化が無いという事で 先生から 


「取っちゃおうか」


と 提案がありました。そして 先生に 2月22日 にしよう と言われ
私とパパは 麓ちゃんの行った日だったので ちょっと うー・・・・・・ っと
なったけど 逆に 麓ちゃんが応援してくれるかなぁ。 とおもって 

22日に 切除術を受けてきました。



朝9時に病院に連れて行って 看護師さんに渡したら

「麗ちゃんいこー♪」 って 言われて 振り返らずにあいつは 待機室に行きました。



夕方お迎え行ったときも 看護師さんに 

「麗ちゃん、寂しがって お鼻ピコピコ言ってましたよ~」 


言われたけどね。 

あの方は 寂しがってじゃなくて 他のワンコの気を惹きたくて鼻をピコピコするのです。

この間のホテルでもそうでした。 レストランに同伴したら 他のワンコが居るときは
ずーっと、 ホントに ずーっと ぴよっ、ぴこ、ぴよっ、ぴこっ・・・・・

ずっとずっと 言ってました。


なのでね、父ちゃん母ちゃんを恋しがってはいないんですよ。


んで 先生に いま 麗ちゃん連れてくるね といって 出てきたらですね


私たちの心配をまったく気にせず


「はいはい、ボクはねお外行きたいですよ、匂い嗅いで、シッコしたいです」


という感じで 、 先生にも 「あら、クールなのね」って 言われる始末。



晩ご飯はその日は 傷もあるので 抜きと言われた 麗音さん。

腹ヘリがいちばん 不機嫌だったみたいで 家に戻ってからは
ラウルだ琉駈だに キレ吠えして 面倒な男になってました。


何にも無かった様に翌日からバクバクとご飯を食べているので心配無いと思います。

飼い主の方がモヤモヤしていた 出来物。

麗音さん すっきりする よりは  父ちゃん母ちゃんすっきりする。 って感じかもね。






| Rane | 15:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT