2014年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年01月

≫ EDIT

麗音さん すっきりする。

2月22日 この日はね 2008年に 麓ちゃんが お空に行った日でした。



去年の夏少し前  麗音さんの お口のなかに  ブヨブヨっとした見た目だけど
触ると硬い 出来物が見つかりました。

バーニーズ = 腫瘍 = 悪性  

っていうのが バーニーズ飼いさんだったらいつも気になっていることだと 思うんです。
でも、先生に言われたのが



「100%とは言えないけど良性病変だから大きくならないうちに取っちゃったほうが切除部位も少ないよ」



って言われたので去年の8月に先生に切除をお願いしました。

人間だったら 部分麻酔で ちょっと痛いの我慢してね!って言うぐらいの物だけど
相手は力尽くで抵抗する可能性のある麗音さん。 噛む様な事は絶対(たぶん)無いけど
サクッって 取れる物も取れないので 全身麻酔です。


病院では全身麻酔の為に 事前検査をしました。



その時に 麗音さんの 腎臓の数値に 若干の低下があるということで。
8月の手術は見送りになりました。


そして 毎月 尿検査をして 今年に入って半年経ったので 血液検査と尿検査をしたところ
8月以降 ほぼ数値に変化が無いという事で 先生から 


「取っちゃおうか」


と 提案がありました。そして 先生に 2月22日 にしよう と言われ
私とパパは 麓ちゃんの行った日だったので ちょっと うー・・・・・・ っと
なったけど 逆に 麓ちゃんが応援してくれるかなぁ。 とおもって 

22日に 切除術を受けてきました。



朝9時に病院に連れて行って 看護師さんに渡したら

「麗ちゃんいこー♪」 って 言われて 振り返らずにあいつは 待機室に行きました。



夕方お迎え行ったときも 看護師さんに 

「麗ちゃん、寂しがって お鼻ピコピコ言ってましたよ~」 


言われたけどね。 

あの方は 寂しがってじゃなくて 他のワンコの気を惹きたくて鼻をピコピコするのです。

この間のホテルでもそうでした。 レストランに同伴したら 他のワンコが居るときは
ずーっと、 ホントに ずーっと ぴよっ、ぴこ、ぴよっ、ぴこっ・・・・・

ずっとずっと 言ってました。


なのでね、父ちゃん母ちゃんを恋しがってはいないんですよ。


んで 先生に いま 麗ちゃん連れてくるね といって 出てきたらですね


私たちの心配をまったく気にせず


「はいはい、ボクはねお外行きたいですよ、匂い嗅いで、シッコしたいです」


という感じで 、 先生にも 「あら、クールなのね」って 言われる始末。



晩ご飯はその日は 傷もあるので 抜きと言われた 麗音さん。

腹ヘリがいちばん 不機嫌だったみたいで 家に戻ってからは
ラウルだ琉駈だに キレ吠えして 面倒な男になってました。


何にも無かった様に翌日からバクバクとご飯を食べているので心配無いと思います。

飼い主の方がモヤモヤしていた 出来物。

麗音さん すっきりする よりは  父ちゃん母ちゃんすっきりする。 って感じかもね。






スポンサーサイト

| Rane | 15:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

貴重な体験。

実は 我が家 2/13~15まで 長野に2泊3日でお出掛けしておりました。

半分お仕事。半分お遊び だったんだけど。





15日 午前中で用事を終わらせ、 山奥に居た私たちは 上信越道に乗って
帰る予定が 梺に下る一本道が雪崩で封鎖されました。


現地でお世話になった 方に 今日はまず 山を下れないだろうと。
-20度にもなる場所で 野宿も危険だから 早めに暖を取れる場所を押さえた方がいいと。


何とか 宿をおさえて、その日は暖かい部屋で過ごしましたが
一番困ったのが ワンコのご飯でした。

15日の昼には帰る予定だったので ぴったりの分量しか持ってきて無かったのです。
その前日に たまたま ワンコたちは 違うごちそうを食べていたので 
少しあまりがあったのが幸いで  コンビニ(もうコンビニもからっぽでした)で 
パックの白米と ミルクを買って レンジで温めて 残りのご飯と混ぜてかさ増しして
食べさせました。

人間は 宿のそばのカフェで何とか食事をとることができたけど。


翌朝16日、 山を下る道が除雪された情報を聞き、高速道路の側まで降りることができました。


そして ずっと 上信越道の開通を待ってました。
道路交通情報センターの 通行止め情報とか ネクスコのサイトや 2chの情報板。
ずっとずっと 見ていたけど どうも 私たちは 文化圏で待機をしてるけど

  文化圏:その日はショッピングモールに一日中居ました

封鎖されて 一歩も動くことが出来ない状態だったんです。

高速がダメなら一般道で何とか神奈川の方に戻れないかと
道路を探していましたが 全部封鎖。

そして 16日も そこから一歩も動けずに夜を迎えました。

ただ、良かったのは 人間の食べるもの、ワンコたちの食べる物を入手出来たこと。

夜になり、また 宿探しです。
交通が寸断された 山間の街にある ホテルは どこも満室。
電話すらでないところもありました。

ようやく見つけた田舎の鄙びたビジネスホテル。狭いベッドで 休むことが出来ました。


そして3日目の 17日 
今日こそはと 道路の開通を待ちわびて あちこちの 道路情報を調べてたり
直接センターに問い合わせしたりも しましたが 帰れる方法はただ一つ。

前日に開通した東名高速で帰るしか 東に戻ることはできませんでした。



大きな地図で見る
通常のルート


しかし、今回の200km先の家に帰る為には このルートしかありませんでした。


大きな地図で見る


17日 17時に決断したこのルート。
東名は寸断された中央道、上信越道を避けた車で本当に車が多く、
関東に近づくほどに激しい渋滞となりました。



実際に家にたどりついたのは 18日明け方 5時のことでした。


たどり着いたはいいけど 今度は積雪で家に入れない。
そこから 最低限の雪かきをして。


犬達もイイコで我慢してくれました。


とーちゃんも 運転をずっとずっと頑張ってくれたよ。





この旅はある意味すごく貴重な体験が出来ました。



また 旅レポは そのうち公開しますね。



 

| r3 | 15:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014.02.09 雪。

窓をあければ 軽く80センチ以上の積雪。

綺麗なウチに ワンコさんたちあそばせましょう。



DSCN3454.jpg
埋まってます(w


DSCN3460.jpg

DSCN3462.jpg

DSCN3470.jpg

楽しそうでなにより。


DSCN3473.jpg

DSCN3488.jpg

DSCN3477.jpg

やっぱり 雪が一番似合うオッサン。


DSCN3594.jpg

DSCN3591.jpg

DSCN3517.jpg

楽しい盛りの白黒さん。



思わぬご褒美ありがとう。  
ワンコ孝行には 最高でし。  道路は勘弁だけどね(;;)


| r3 | 10:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2014年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年01月