PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

どうぶつ119

という ドラマを先週の金曜日にやっていた。
録画して 翌日見ていたのだが・・・・

動物の救急車って あんまりないよね。
救急病院も少ないし

有ったらいいなぁ。。。っておもう。

フィクションだから きっと 脚本家が作った
お話なのね。

ドラマ相手に愚痴をいうのも なんだけど・・・

ストーリーが幅を広げすぎ。
どこもかしこも 浅く広く あの問題
この問題 って 訴えたいこと?伝えたいこと
があるんだろうけど なにも 解決されてないよ。

犬の病気と高齢化と治療方針
捨て犬
捨て猫
飼育放棄

この辺が 主軸にあったんだけどね

犬の病気と高齢化 それと その家々の事情にあった
治療方針 これは ドラマの中で
飼い主さんが手術をするだけが解決策では
ないっていうのを言っていたのは 解る。
私も薬漬けで 機械に活かされているなら
その子の治癒能力と寿命を受け入れたい。

そして、ドラマの動物119の
メインの活躍となる 飼い犬へのいたずら。
この犯人の少年がいるんだけど

その少年は お家で下に子供が産まれたので
お母さんが勝手に面倒見きれん!となり
保健所に持っていってしまったらしい。
その犬が居なくなった寂しさを腹いせで
(タマネギを犬に食べさせてまわったりする)
まぎらわしていたらしい。

もこみちが その母親に
「なんでそんなことしたんですか!?」
と聞いたら

「私がペットショップでお金を出して買ってきた子です
どうしようと私の勝手でしょ!
」ってキレてたんだよね。

そして その 「モモちゃん」っていう シルバーダップルの
ミニチュアダックスを保健所にもこみちと
その少年が探しにいって 殺処分寸前で助けられるのだけど

あんな 子供と 関係もない もこみち@獣医が
行っただけで保健所は返してくれるのか?
その辺はなにも 網羅されて無く

もこみちが その現状をみて
自分の病院に 飼育放棄された犬や動物を保護して
エセいい人演じるわけだが。
そこで 問題が発生する

もこみちが「気が立っているから手を入れないように」
と言っている矢先に 親が見ていたにも関わらず
子供がアライグマに噛まれる始末。

その親は自分の管理責任のなさを棚に上げ
「訴えますから」といって

もこみち そこで 意気消沈
全てのやる気を失うわけで


自分で「エセいい人」を演じていたのに気づく。


その後、病気で高齢の黒ラブちゃんの感動話が
あって ドラマは終わるのだが


そのエンディング。
制作側サイドは「幸せになったよ」って演出を
したのだとおもうが

一時 家で母親が
「あたしが金出したんだから殺そうがなにしようが勝手でしょ」

言われた犬が・・・ 出産して子犬を取り上げてるシーン。

飼育放棄された犬の子を増やしてどうする?
普通なら 避妊手術だろ?
だけど ドラマは浅はか。

それでハッピーエンドだとおもってるんだな。

これに影響されちゃう人居なきゃいいけど。
スポンサーサイト

| つぶやき。 | 20:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

同感

どうせくだらない内容だろう、と思いつつも見てしまいました。
やはり「速水もこみち」じゃなくて「速水いまいち」だった。

のらさんの言ってる事すべてに同感よ~。
つじつまが合わない流ればかりで、冷めちゃうよね。
「さすが動物タレント」って思うシーンは多々あったけど。

最後の黒ラブが死んじゃうシーンはウルっとしたけど、自分んちのわん達とのお別れを想像したらウルっとしちゃっただけで、別に話しの内容にウルっとしたわけでなし。

でもさ、手を入れるなっていうのに手を突っ込んだ子供の母親みたいな人って、きっと最近多いよね。それは人間の親に限らず、わんこの飼い主でもこんな人っているもん。

動物救急車、欲しいよね~。
お高くつきそうだけど、いざって時はきっとお金なんて考えないだろうし。
ちゃんと赤灯オッケーの緊急車両として走れるようにして欲しいね。

| ひばりママ | 2007/07/05 10:00 | URL | ≫ EDIT

そうなのよ

なんども 見るの辞めようとおもったんだけど
最後まで見ちゃった。

速水いまいちだったね。 
黒ラブちゃんの 演技はすごいって思ったよ。
そこはホントタレントさんだよね。

涙は自分に置き換えたときに出る
それも 同感。 ラウルやロックや琉駈とも
いつかは こう言うときがくるのかな・・・
って 考えたら溢れたッテ感じ。

実際動物救急何カ所かあるらしいけど
赤灯は現実的にむりなんだろうかねぇ・・・ほんとに。

| のら→ひばりママ | 2007/07/05 22:26 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://r3wan.blog77.fc2.com/tb.php/119-e42e30a8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT