PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

動物の医療費について

我が家はいま 3匹の大型ワンコがいます。

そして 今回、麓ちゃんが腹切り騒ぎになり、 医療費について 再考する機会がありました。


今回 具合が悪くなったのが 1月12日の朝でした。
その日は北海道から帰ってくる予定で夜の苫小牧→仙台のフェリーを既に予約済みなうえ、
到着する 翌日に 撮影の予定が有ったので絶対ずらせないスケジュールがありました。

結論から言えば、あの日にスケジュールをずらして
道内の動物病院で診察してもらっても 同じだったと思うので
判断は間違ってなかったと思います。


14日の午前中 麓を初めて病院に(今回の関連で)連れていきました。
その日は祭日で 麓がパピーの頃から見ていただいている信頼している
獣医さんが休診日でした。

先生がいらっしゃれば 多少の判断は仰げたかもしれないのですが 
用事でいらっしゃらなく、仕方なしに 自宅からも さほど遠くない
噂では 上手という A犬猫病院に連れていきました。


その時に 血液検査、レントゲン、点滴、お薬の処方で
(内訳)
初診料:1200円
レントゲン:7000円
血液検査:8000円
皮下点滴:3000円
内服薬 :1500円
-------------
計 20700円+消費税
合計 21735円 

でした。
その時の所見では 「ストレス」と言うこと。
2~3日で改善するでしょう 良くならなければまた 見せに来て下さいとの話。

4日目の 金曜日 一向に症状の改善は見られず 痩せていくばかり。
初診で見ていただいた病院が今度は休診ということで
かかりつけのお医者様に見ていただきました。

かかりつけのお医者様では
「ストレス」と診断されたとお話をし、
様子を見ていただいて、

処方で バリウムを 頂きました。
バリウムは 胃腸の粘膜を保護し、なにか異物が詰まっていれば
吐き戻しする可能性があるので その時点でレントゲンを撮れば
詰まった場所も判明するし、通過すれば保護材としての役割を
果たすでしょうとのこと。

そして 3日ぐらいでは 血液検査やレントゲンにはっきりとした
差は出ずに無駄な費用がかかるだけなので 今回は
触診だけで ということでした。


バリウムを飲ませてから は 吐かないで無事に便がでてしまった(という表現になります)

それでも 食欲が戻らず どんどん悪くなり
かかりつけの先生がもう一度 血液検査とレントゲン撮らせてほしいというので
むしろ こちらから お願いしたぐらいでした。

そして 腹膜炎が判明。
そのまま 入院となりました。

今回 かかった費用をこちらで 公開しますと
診察料        500円
血液検査     3000円(2回)
詳細血液検査  5400円(9項目)
全身麻酔    20000円
胃腸切開手術 48000円(吻合手術)
点滴       10500円(3本)
注射       10800円(6本)
入院料      17500円(大型犬5日間)
レントゲン     5000円
エコー検査     1000円
内服薬       2200円(10日分)
療法食       3300円(5日分)
-------------------
合計       127200円
消費税       6360円

総合計 133560円

という金額でした。
正直言って 本当に 良心的な病院で
我が家では 商売っ気がない先生 と 言っている位なので
かなり 安価だと思ってます。

我が家の懐には厳しいのは否めませんが。


そして 今回考えた のが 
動物の医療保険でした。

アニコムやアライアンツ等メジャーなところから
掛け金が積み立てられる共済式のところまでいろいろ 調べました。

今回はまさかと 思っていたので 保険も待機期間等の関係から
加入を見送りました。

最終的に医療費を支払って 掛け金との算出をすると
うーん 微妙な感じなのです。
都内のセレブ医院とかで 費用が跳ね上がるような ところだと
お得なのかもしれないですが・・・・


我が家の場合 大型犬と言うだけで 掛け金が高い設定となります。
多頭ですので 若干の多頭割引等ありますが それでも 年間
麓の場合だけでも ある 保険会社の場合 掛け金が50000円程度になります。
月々にすれば 4000円強でした。

そして 麓は バーニーズという犬種で 若干掛け金がお高くなります。
多分 病気が多い犬種で有ること。
年齢も3才を超えていること

保険の掛け金にもランクがあり 全額返却タイプ、50%還元タイプ等々。

仮に 年間50000円程度の 50%還元タイプに加入しても
今回の治療費13万円の支払いで、50000円の掛け金を払うと 
最初に18万円の支出が計上され、そのうち 請求書が通り、きちんと 
還元されたとして、65000円の還元になります。 そうすると
実際の支出が 11万5千円 ですから差額は2万円程度となります。

毎度毎度病院にしょっちゅうかようとなればイイかもしれませんが
今回みたいな 急な展開の場合に あわてて保険に入るのが得策とは
一概に言えないようです。

保険会社によっては 待機期間が短くて2週間~1ヶ月半と長いところもあります。
あわてて入っても適用にならない場合が多く、 もし やってもらうにしても
先生にごねて改竄をしてもらわないとダメなパターンが殆どでしょう。


予防として 保険をかけておくに 越したことはないんでしょうけどねぇ・・・
年間15万円の保険料、安いと見るか 高いとみるか・・・・



   そして 本日最後となります。お知らせ。
   明日の放送に某等の問題があれば 電話しますと 言われていましたが
   約束の20時をすぎて連絡がありませんので 放送はまず間違いなく
   あると思います。 楽しみにしていてくださいね~



↓健康がなにより~・・・ ぽちり お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
スポンサーサイト

| r3 | 22:20 | comments:1 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

医療費ですか・・・・・
我が家はかみサンの友達が獣医で
かなり良心的な金額にしてもらったり
いろいろここには書けないサービスを受けていましたが
我が家の豆S、意外と体が弱く(?)
膀胱炎も持っています。
そこで保険を、と思っています。
確かに高いですよね。
でも病気で病院に行って検査の結果を待っているときは
「お金なんて・・・・」と思うときも有ります。
我が家も決して裕福ではないので、
だからこそ保険と思ったりもするのですが
どうでしょう・・・・・難しいですね。

| O-MAMEKOMAME | 2008/02/04 12:04 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://r3wan.blog77.fc2.com/tb.php/241-e98a2afc

TRACKBACK

「医療保険」についてのクチコミブログをピックアップ

医療保険 に関連するブログ記事の検索結果から最新の口コミ情報、オススメ商品を紹介…

| クチコミブログをピックアップ | 2008/02/02 22:39 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT