PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

譲渡会でした。

実は、1月半ばから わたしのお手伝いしているレスキュー団体で
引き取ってきた成犬の 産んだ子を 1匹 私の独断で 保護してました。

レスキューしてくるときに たった一人残されてしまった子。
まだ 母犬のお乳を飲んでいた子を 向こうの方も

「この子も連れてってください」

といわれました。 

「この子はお話しにないので できません」 

こんな事 犬を愛する人間が言えません。

私のその場の独断で連れてきました。

真っ黒でツキノワグマの子の様で まるまるでコロコロだったので

「まんまるのマール」と 名前を付けていました。

お腹に虫が居たり、極度の寂しがり屋で 抱っこしないと鳴いている
様な日々もありましたが、 日に日に可愛い仕草を見せて

「このまま うちに居ることになるのかなぁ・・・」なんて 話も
夫としていました。

私の住む市町村では 月に1度 市の獣医師会が開催する
「子犬子猫の譲渡会」が あります。
なんと その譲渡会は 譲渡率100%なのです。

ただし タイムリミットは4ヶ月まで。 
まる助ももうすぐ4ヶ月、体重も7.5kgを超え
そろそろ 限界の時。

2月のはじめの譲渡会にも参加予定だったのですが
前日の夜から お腹の調子が悪くて、急遽不参加に。

そして 昨日の3/1 譲渡会リベンジとなりました。

会場に着くと 人だかり。
あぁ、こんだけ 人がいるんじゃ ミックスのまる助は
売れ残るのでは・・・。

主催者の獣医師会に確認すれば今回は
①黒ラブの2ヶ月の女の子
②まる助

この2匹。

13時~ スタート。


「わんちゃんが欲しい方どうぞ~」

押し寄せる人並み。
この人達、提供者じゃなくて、欲しい方だったんだ。


何ヶ月ですか!?
何キロですか?
何年生きますか?(←一番回答に困る質問でした(汗))
何のミックスですか?
元気ですか?
賢いですか?


しかしながら、 今回の譲渡犬は 大型犬にちかいであろう 2匹。
最後に手を挙げたのは ごく一部の方でしたが

まる助にも 希望者様が現れました。


そして 団体のやりかたで 公平を期すために 
譲渡者の決定は なんと じゃんけん。

まる助には2組の希望者でした。

そして とても 微笑ましい家族に決定しました。
CIMG3109.jpg


譲渡会のルールで 譲渡先の情報を
聞くことや、教えてもらうことは出来ません。

行く末を気にしてトラブルがあったそうです。

ただ、まる助を抱いてくださる姿をみて安心しました。

向こうの奥様がちょっと 不安そうで 当家の連絡先を
聞いてきたので 教えておきました。

夜泣きは殆ど無い子だったので夜は連絡なかったけど
今日辺り 連絡があるか・・・ ないか・・・??

あったらあったで 心配だし、無いと気になる。

あんまり 情が沸かないように していたんだけど
休みの今日、まる助の居た場所が気になって仕方ない。

やっぱり、可愛かったんだなぁ。

幸せな生活を祈ってます。
スポンサーサイト

| レスキュー | 18:19 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おつかれさまでした!!

まんまるマール 祝☆里子決定♪♪♪
本当にお疲れ様でした!!
ともみんさん ありがとうね!!
幸せになるんだよ マール★,。・:*:・゜

| ☆smile☆ | 2009/03/03 20:52 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://r3wan.blog77.fc2.com/tb.php/380-762601a2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT