PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今日 未明の出来事。

昨日はなんだか 凄い疲れてて 21時過ぎに布団に入って
なんとなく そのまま 寝ちゃっていました。

午前0時30分ぐらいになんだか目が覚めて
「トイレ行こうかなぁ、面倒だなぁ。でも どうすっかなぁ」なんて
布団の中で モヤモヤしていたときに

どごあごあがおあだぁぁぁぁあーーーーんっ!

って 音が聞こえた。

「あー、雷かぁ、いきなり近いなぁ」って 思った。


でも 後にも先にもその 1回のみ。

その直後から 鳴り響く クラクションの音。
ほら、なんだっけ?盗難防止装置 一定のリズムでなる
クラクションが聞こえてきました。

前にも大きな雷で お向かいの駐車場の車の
盗難防止の音が鳴ったことがあったので それだと。


目も覚めてしまったことだし・・・と思い部屋を出て
何気なく廊下から見える国道に目をやると
交差点の信号が 青なのに 車は一向に動かず
俄にざわめき立っている。

あ、さっきの事故の音だったんだ。 と思い
ちょっくら 庭まで見に行ってみるかと。

部屋着の上に パーカーを羽織り 庭に出て 視線を交差点の先にやると
あり得ない光景が目に飛び込んだ。

自分の目がよく解らなかったぐらい。

交差点まで歩いていくと
我が家のはす向かいにある 親戚の家の庭先に
大型のトレーラーがあり得ない角度で突っ込んでいました。

慌てて部屋に戻り 夫をたたき起こす。

「ねねね、あの お向かいのおじさんのお家にでっかいトラックが突っ込んで
家が無くなっているよ」

と 伝えると。「またまたぁ」みたいな 感じだったが
一応 一緒に行ってくれた。

現場は親戚の家の玄関から数m隣の敷地の
店舗付き住宅。 私はその家も親戚の家だと思っていたので
(まぁ 大人の事情で あまり付き合いのない親戚です)
本当に驚いていました。

現場に近づくと やっと パトカー、消防車等到着。

突っ込んでいた 車は 10t以上の大きさのトレーラー。
トレーラー部分が 右90度に曲がり 見事に店舗を粉砕していました。

その店舗。この半年ぐらい前にオープンしたばかりの 
スポーツバー。
昨日は ワールドカップの決勝の日。
もしかして、営業していた?

それだったら 大惨事だ。

現場付近は火災の発生の可能性も有ると言うことで規制がひかれ
私たちは家に戻ることに。

救急車も来ていたけど、運転席は突っ込んだ家の中に
完全に入り込んでしまっていて どのような状態か見えない。
お店自体もやっていたのかも ワカラナイぐらいの
粉砕ぶりで。

しばらく 家から様子を見ていたけど 救急車が動き出したのは
1時間以上経過してからでした。
救助は難航したのでしょう。 途中スコールのような大雨も。


お向かいのおじさんの話によると 大きな救急病院に搬送したと
言うところまで解ったので無事でいてくれるといいのだけど。


国道を遮る大型トレーラー。
日曜の夜ということで 交通量も少なく 明け方ぐらいまでは
現場の色々な音が聞こえていました。
私も 4時ぐらいにはなんとか 寝ることが出来て
それでも 朝の6時には 騒がしい音でまた 目覚めることに。

まだ、道路は封鎖されていて 家の前の 国道が直交する
交差点は 大パニックに。

渋滞は凄い事になり、お巡りさんが迂回ルートに誘導するも
月曜の朝の8時半まで主要道路が封鎖されていたこともあり
かなりなパニック状態でした。

8時半頃規制は解かれ、私も出勤する事に。
現場を見たら家がただの がれきの山となっていました。

原因はわからないけど あとちょっと のタイミングで
もしかしたらウチに突っ込まれていたのかもしれない
可能性があるって思ったら ぞっとしました。


皆さんも事故にはお気を付けてくださいませ。
スポンサーサイト

| のら | 20:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://r3wan.blog77.fc2.com/tb.php/453-5eb910e3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。