PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

もっぷ。

もっぷ っていうのは  仮名。


先週だったかなぁ? 近所のスーパーにお買い物行くときに
歩道を1匹のワンコが 歩いてました。

いやぁ、お恥ずかしい話、ウチの方 いくら政令指定都市になったとはいえ
田舎なんですよ。 んなもんで たまに
「一人散歩」のワンコが 居るんです。

家から「いっといで」って 放して 帰ってくるってな段取りが。


そんな感じなのかな? って 思ってました。

可愛いんです。モコモコで。
ちょっとでっかい ケアンテリアみたいな感じ。


そして 今日 会社の帰りに 晩ご飯の足りない材料を買いに寄ったら
駐車嬢の隅で その ワンコに パンとジャーキーをあげている
おばちゃんに 出会いました。

おばちゃんに

「このこ 野良ちゃんなの?」

と。 聞くと

そうらしく、夕方になると ここの スーパーにきて
優しいオバちゃん達に パンやソーセージをもらっているらしい。

初めて 至近距離で行動を見たけど 後ろ脚を引きずっている。
徘徊中に事故にあったか 虐待されていたかは不明。

人に対してものすごい警戒心がある。
かといって 歯をムキだしたり する事は無く。

ちょっと 話をしていたら 私の背後に回り込み
私から漂う ワンコの香りを嗅いだりしているようだった。


おばちゃんが なんとか ならないかと。

なんども 捕獲を試みようとしたらしいが手を極端に
怖がるらしく 手を伸ばすと後ろに逃げちゃう。


そうすると 何人もの人が集まってきた。
ずっと みんな 何とかならないかと 気にしていたらしい。

田舎とはいえ 国道があって 何度もそこを横断しているのも
目撃されている。


夫をスーパーまで呼び出し、バリとリードをを用意して貰った。

総勢6人がかりで もっぷちゃんの 保護大作戦が始まった。


こういうところは 田舎で 本当に 犬に対してみんな優しい。
あそこでねぐらにしているらしいとか ご飯あげても 逃げちゃうんだよとか

なんとか もっぷを 助けてあげたいと 言う人ばかりだった。


何日か前に 近所の人が保健所を 呼んだらしい。

保健所は 殺処分前提に 劇物の入った ジャーキーを蒔いたらしいが
モップは 一切口にせず 逃走を図った。


保健所に依頼した近所の人も そんな 殺してくれなんて 頼んでないと。


そして また 明日 保健所の人が来るという話を聞いた。

保健所とコンタクトを取った人に ウチの事を知らせて
捕まったらすぐに 連絡をくれるように 頼んだ。

おばちゃんも 気が気でならなく 私に
「もっぷが 好きなパンだから あげてね」と 私に1袋託した。

なんとか もっぷに 安心できる 場所を見つけてあげたい。

今回の捕物帖に 携わった もう一家族の奥さんと携帯電話の
番号交換をした。


 明日 なんとか イイ方向で もっぷと 再会できますように。

スポンサーサイト

| レスキュー | 21:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://r3wan.blog77.fc2.com/tb.php/472-e38178de

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT