PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

昇龍蓬莱の蔵元を囲む会

スタバのコーヒーセミナーも シーズナブルな物以外は フルコンプリートした私。

次になにを勉強してみようかなぁ とか。

スタバのPTRちゃん達とも良く話をするんだけど。


「やっぱ、日本人 日本酒勉強したいよね!?」



ってことで 実は地元にお気に入りの 蕎麦屋さんが あるのですが 
そちらで 不定期に 杜氏さんを招いて お料理と共に お酒を学ぶ会が
開催されるんです。


そして あまり 遠くの酒蔵さんだとお気に入りになっても 交流が難しいだろうと
思い、 地元の酒蔵さんで 開催されるときには是非にと 蕎麦屋の店主とも話を
しておりました。

そして 5月13日 もう 一週間ほど前になりますが 開催されました。

それが 表記の 「昇龍蓬莱の蔵元を囲む会」


まずは 乾杯用に まだ 未発売 かつ 参考出品の 活性にごり酒 を。
発泡の度合いが 高く 販売するのは恐くて(笑) と 杜氏談

DSCN1666.jpg
ラベルも全て この日の為用に 作成されたそうです。


私は にごりの微発砲が大好きなので もう 最高に 美味しく戴きました。

あとは 写真で お料理と お酒をご紹介いたします。

DSCN1670.jpg
にごりに 合わせて出てきた 古代蓮根と白身魚のサラダ仕立て

IMG_5505.jpg
山形産天然三歳の天ぷら(タラの芽、コシアブラ、ふきのとう、南瓜の花)

こちらには 

昇龍蓬莱 純米大吟醸 山田錦45%(精米歩合) 
槽場直詰生原酒 日本酒度 +4 酸度1.4

DSCN1672.jpg
福岡産天然物刺身 (活〆ヒラマサ、金目鯛スモーク)

こちらでは 
昇龍蓬莱 純米大吟醸の 山田錦55%(精米歩合) 
槽場直詰生原酒 日本酒度 +5 酸度1.6



昇龍蓬莱 純米大吟醸の 山田錦60%(精米歩合)
槽場直詰生原酒 日本酒度 +6 酸度1.8


このね 精米歩合が違うだけの 同じお酒なんですが 全く味が違うんですよ。
本当に。

そして次が 蛤大根 という お料理が出てきたのですが この頃から
お酒が絶好調になり 写真を取り忘れた模様。

このお料理に合わせて出てきたのが

純米大吟醸の 雄町60%(精米歩合) 
槽場直詰生原酒 日本酒度 +7 酸度1.9 
このお酒とは 運命的に出逢った感じ 辛さと酸度が最高に好きでした。


次のお料理は
DSCN1674.jpg
ネギのテリーヌ (酢味噌とほたるいかのソース)

こちらには 
昇龍蓬莱 純米吟醸 山田錦60%(精米歩合) 
大吟ブレンド 日本酒度 +2 酸度1.5

日本酒度が +2 ということで やや甘口の お酒ですが 酸度が
高めなので とっても 口触りの良いお酒でした。


次は・・・ バターナッツ南瓜すり流し
(また 写真取り忘れ(汗))

この頃から 若い杜氏さんを 席の横に付け 話でめちゃくちゃ 盛り上がる。

後半になって 燗付けの お酒が出てまいります。


ところが 私、 燗付けの お酒が 大の苦手。
杜氏さんと酒屋さんに頼んで 特別に冷や酒で 出していただくという我が儘っぷり。


DSCN1677.jpg
地鶏の塩麹漬け蒸し(島らっきょソース)

このお料理には 

残草蓬莱 純米吟醸 美山錦50%(精米歩合) 
日本酒度 +1 酸度1.6



昇龍蓬莱 純米吟醸 山田錦55%(精米歩合) 
日本酒度 +4 酸度1.6


そして お待ちかねの 濃厚辛口に 合わせて出てきたのが

DSCN1678.jpg
山形産筍と若芽の炊き合わせ



昇龍蓬莱 特別純米 山田錦60%(麹米:精米歩合)玉栄60%(掛米:精米歩合) 
日本酒度 +3 酸度1.6

これだけ 麹米と掛米が 異なるお酒でした。
私のお気に入り決定。


そして あとは こちらの お店を愛してやまない 一番のお蕎麦
IMG_3879.jpg
せいろそば (山形庄内産の出羽香(でわかおり)を使用し 自家製粉製麺)


ここからは 飲み放題タイムです。

口当たりも良く 楽しいお酒は いくらでも 身体に浸透して
楽しい時間を提供してくれます。


そして 夕方17時30分から 始まった会なのに 気づけば22時。
4時間半以上日本酒を飲み通し。

杜氏さんや 初めて顔を合わせる方との話も楽しかった。




翌朝。 まだ 身体から日本酒が抜けず 会社に行くのは危険と判断(汗)
元々 もーちゃんを 病院に朝 預けて遅刻の予定だったので
お休みに変更。

まぁ それにしても 美味しいお酒と出逢うって なんて 幸せなんでしょう。


杜氏さんと携帯の電話番号交換とか(笑)

杜氏さんに お気に入りになった お酒を買いに行くときは電話するから居てよね~
なんて お話もしてみたり。

DSCN1665.jpg
お店の場所は ナイショですが 知りたい方は 教えます
多分調べたら直ぐに解っちゃうとおもいますけど~


材料と味にこだわる 若いご夫婦のお店です



スポンサーサイト

| のら | 16:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://r3wan.blog77.fc2.com/tb.php/658-7f9a0415

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT