PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

DANGANトラベラー in 関西 ①

4月頃だったでしょうか? テレビのCMで みた 通称 「青鬼さん」が どうしても 頭から
離れなかったんです。

ずっとずっと あの 「お顔」が 頭から消えなくて。


その CM の 内容を調べて そのお寺の 事をしる。


その お寺の名前は 「金峯山寺(きんぷせんじ)」

そして その 青鬼さん の お名前は 金剛蔵王権現様 と いう 如来様達でした


場所は奈良県の吉野 世界遺産の吉野山。


実は 私、 歴史は全く苦手なのですが 仏像好きなんです。 仏女って やつです。
宗教観は全くなく。 かっこいい、イケてる、キレイな仏像が好きなだけなんです。
私に至っては 時代背景とかも まったく ノータッチ。 見てくれのみ。


あたしが 初めて惚れた仏像は 京都の広隆寺にある弥勒菩薩像 です。


これを 見たときは衝撃が走りまして。 その お顔に見とれて 数時間座っていました。

それからね ことある毎に 惹かれる仏像を見たかったりするわけですよ。


今回 久々に チラ見(CM)で 衝撃が走って。
友人達を誘い 「奈良いく? 奈良行こう! 奈良 付き合って!!!!」


と 予約手配をしたのは なんと 出発9日前という 無理矢理感。

25日 金曜 出発は 最終の 羽田発 関空行き。

DSCN1696.jpg

飛びます!飛びます!


定刻通りに 関空到着 

荷物を受け取って まず 飛び込んだのが 到着ロビーの スタバ!
タンブラーゲットの 為です

IMG_4898-1.jpg
大阪 タンブラーゲット!!


そして 電車で ホテルへ。
関西って Suica 使えないのね。 バタコン! って 改札閉まりました。

旅のお仲間達からは 「なんで何にも確認しないで入るの!?」と言われましたが
まぁ 開かなければ使えない ってぐらいの 感覚だったので(w


翌日 良い天気に恵まれ 車は 一路 世界遺産吉野へ向かいます。


DSCN1698.jpg

到着!


青鬼さん みるのだ



DSCN1701.jpg

こちらが あの 青鬼さまが おられる 蔵王堂



その前に 
愛染堂さんに 立ち寄り 愛染明王 さまに ご挨拶

通称 私のなかで 愛染明王さまは 「あかおにさん」 です

DSCN1702.jpg

愛染明王さまは矢を持っていて 本来は煩悩を打ち砕く という神様なのですが
今は愛の神様なので 良縁に恵まれるそうですよ。

そして いよいよ 青鬼さんとご対面。


靴を脱いで入ったとたんに もう 意識がぶっ飛びました。
すごいんです 一言じゃ言えない。 電気が走るってかんじです。


DSCN1707-1.jpg
撮影禁止だったのをしらなくて 撮ってしまった一枚。 罰当たりです。


この凄さは本当に見に行った人でないと 解らないとおもう。
6月3日までしか見れない特別公開なので 強引に行った旅でしたが本当にこれだけでも
私は充分満足でした。


拝観ルートを守って並ぶと 権現さまと 個室で向き合ってお話をする時間をいただけます。
待つ事15分  どうぞ と 住職に促され一畳ほどの障子で仕切った部屋に案内される。

真正面で権現さまを見つめることができるのです。

住職さんは

「向き合うと 必ずなにか通じる物がありますから 反省なり御願い也、してみてください」

私が感じた言葉は

「おまえ、なにしてん!オラの写真とっただろ! ごるっぁ!」

と 言われました。 ごめんなさい。





そして こちらで 初めて 御朱印を集めることに。

回った寺社仏閣で書いて戴くのですが その書いて戴いているのを見るのも楽しくなります。


吉野の陀羅尼助丸を作っているところで薬を入手。



さあ 心もすがすがしくなったことで、腹も減り、奈良の市内へ移動です。


吉野から一時間程で 奈良市内へ。 事前に予約しておいた 古代米が
食べれるお店で昼食を。

DSCN1735.jpg

静かでとても美味しいお店でした。


そしてまた 奈良市内で 有名な薬屋さんに行く。
DSCN1734.jpg
菊岡漢方薬
こちらでは うどんや風一夜薬 を 購入


旅行に行って薬ばっかり かってるって(笑)いつものメンバーなので 笑われました。
箱根行ったときも 小田原で 外郎(薬) かったしね。



午後からは 四天王と阿修羅に出会いに向かいます。 

  DANGANトラベラー in 関西 ② へ
スポンサーサイト

| おでかけ | 16:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://r3wan.blog77.fc2.com/tb.php/660-3d4f742c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT